ドッグフードの種類

3人に1人はペットを飼うようになったといわれる時代、愛犬を連れて散歩している人の姿もよく見かけます。
愛犬に与える食事には、市販のドッグフードを用いる人と手作りする人がいます。
いずれの場合も、犬の健康を考えて体にいいものを与えたいものです。
犬には様々な犬種があり、さらには体質や年齢も一匹一匹異なります。
ドッグフードも、これらに合わせて与えるのが理想です。


人間も、生まれたときから育ち盛りの子供時代を経て、成人してから肥満などが気になる中年期、食が細くなる高齢期に至るまで、年齢別に見ただけでも食事の傾向は違ってきます。
さらに、体質や体型によっても、必要な栄養は違うでしょう。
これはペットでも同じで、生まれたばかりの犬は生後3週間程度を過ぎるまでミルクで育てるのが基本です。
やっと歯が生え始めると、ドッグフードをふやかして与えることができるのです。
そんなに小さな頃から飼わないという場合でも、年齢に沿ったドッグフードを与えたほうが健康に過ごしてくれます。
量を加減するだけでなく、種類を変えてみることも、愛犬に健康で長生きしてもらうために有効です。


具合が悪そうだ、肥満してきたようだというときにも、体調に合わせたドッグフードを選んであげるのが飼い主の思いやりです。
年齢や体の大きさ、体調などにピッタリの食事を出してあげれば、愛犬も喜んで食事してくれるでしょう。
迷ってしまうほどのドッグフードがありますから、あらかじめペットの様子をまとめてから選んでみてはいかがでしょうか。


<PICK UP>
従来のドッグフードよりも肉の配合比率を高めているドッグフードの通販サイトです・・・ドッグフード 通販

Copyright © 2014 年齢・体質に合わせたドッグフードを All Rights Reserved.